蟹江神明社 秋の大祭 屋形巡行一番街 お休み処

| | コメント(0)

9月29日・30日の両日、蟹江町本町地区の各町内会が神明社の大祭にあわせて屋形の巡行を行います。 この時期になると、夕暮れ時から夜遅くまであちらこちらで笛や太鼓の練習の音が聞こえてきて、秋の訪れを感じさせられます。

一番街商店街の中でも、中通エリア(近鉄蟹江駅から北へ伸びる県道)はほとんどの町内の屋形が練り歩くメインのストリートになります。そこで、一番街では「一番街お休み処」として、ナフコ駐車場・アーケード付近に無料休憩所を設置します。


子供たちにはジュースとおやつ。大人の皆さんにはお酒・ビールやお茶などをご用意して、つかの間の休息にお使いいただければと考えております。
今年は9月も終盤というのにまだまだ暑い日が続き、お祭り当日の最高気温も30度を超えると予想されています。当日「一番街お休み処」では、みなさまに「うちわ」を無料で配布する予定です。


また、一番街加盟店のうち中通に面している店舗を中心に、トイレを自由に使っていただけるお店にポスターを掲示して、屋形巡行の皆さんにトイレをお貸しするようにします。「神明社大祭屋形 トイレご自由にお使いください」というポスターが目印です。 今年は、試験的な運用ですので参加店も少ない見込みですが、一番街は、このお祭りを影で支えてゆきたいと思っております。

蟹江町の伝統的なお祭りのひとつである「神明社の秋祭り」、毎年少しづつ規模も小さくなり、人出も少なくなってきているような気がしますね。
私たちが子供の頃は本当に楽しみにしていた行事だったのですが、少子化や時代の流れなのでしょうか・・・少し寂しくなりますね。
でも、こういう時代だからこそ、いつまでも保存してゆきたいもののひとつですね。



コメントする

(当サイトにはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)